So-net無料ブログ作成

トレンドキャッチ、ニュース7

 

カテゴリー:合宿免許 ビックライセンスとは

合宿免許 ビックライセンスとは ブログトップ

合宿免許のビックライセンスとは?これから自動車免許取得を考えている人必見です! [合宿免許 ビックライセンスとは]

Sponsored Link




合宿免許のビックライセンス

このシーズンになり人気が高まっている
合宿免許のビックライセンスはご存知でしょうか。

合宿免許だと、
教習所によっては最短で13日~卒業できるらしいですね。

9時~18時50分の間に技能教習や学科教習などがあり、
無理なくスケジュールが組まれて
なおかつ短期間で楽しく免許が取れるって評判です。

しかも、

①教習料金
②宿泊費用
③食費
④交通費

が込みになっていて、
卒業まで追加費用は不要のプランがほとんどだから超お得。

温泉付き・豪華な食事付きなど、
色々なプランが充実しています!!



まず合宿免許とは
一定期間、宿泊施設に滞在して
運転免許を取るための教習を受けることです。


卒業までのスケジュールは、
入校時に予め決められていて、
短期集中で教習を受けられるんですね。

例えばオートマ車限定の免許だと、
教習所が組んだカリキュラムにより
最短で2週間(14日間)で取得可能。

その他にもバイクや大型自動車まで
多数の自動車免許合宿があり、
非常に短期で免許が取れるのがメリット。


「食事代」や「宿泊費」を含めた料金ですので、
通学に比べるとすごく割安

しかも自分が住んでいる住所とは異なる地域に行くことも可能で、
卒業旅行を兼ねて行く学生も多く、
いつもとは違った土地での生活をすることによって、
贅沢な気分が味わえます!



私の友人はひとりで行ったらしいですが、
幅広い年齢の人と仲良くなれて楽しかったそうですよ。

もしひとりが不安なら友達同士で行くのも良いかもしれませんね。


教習所によっては普通車ATの免許で、
約16万2千円~っていうパック料金のプランもあるみたいですので、
通学に比べてどれだけ安価であるかがおわかり頂けるかと。

(通学の場合、通う頻度にもよりますが平均で約1ヶ月、
費用は25~30万円程度です。)



色々なメリットが盛りだくさんですので、
これから免許を取得しようと考えているのなら、
合宿免許のビックライセンスを活用してみては?

↓↓↓↓ 卒業生から楽しそうな感想が寄せられています。



「合宿免許のビックライセンス」
お問合せ先電話番号
0120-444-940

平日      9:00~19:00
土・日・祝日 10:00~19:00


下記簡単に申込みから免許取得までを説明します。

■適性検査
自動車教習所に到着後、
取得する免許の「教習を受講できるかどうか」を確認。

・基準となる視力に達している
・青・赤・黄色をしっかりと判別できる

などを確認します。

※バイク免許(普通二輪や大型二輪)の場合は、
倒れたバイクを起こしたり、
押して歩けるかどうかなども確認。

■第1段階
検査・入校時の説明などの終了後、
すぐに教習が始まります。
ここで、教習所内のコースを利用しての技能教習も開始。

教習は、
・実際に車を運転する『技能教習』
・交通安全の基本知識や安全運転の技術を学ぶ『学科教習』

があります。

基本的な運転技術や一般道路を走行するための知識を
学べますので、 この第1段階で必須の教習を全て受講して、
次の【技能修了検定】と【仮免学科試験】を受けましょう。

■技能修了検定・仮免学科試験
入校してから約1週間。
第1段階で学んだ運転技術と知識が身に付いているか試されます。

この試験が「技能修了検定」と「仮免学科試験」で、
2つの試験に合格すれば、晴れて【仮免許証】(仮免)を発行して貰えます。

そして次の第2段階により、
「仮免許練習中」というナンバープレートをつけて、
いよいよ路上に出ての教習が始まります。
(普通二輪や大型二輪など
一部の免許は場内コースの教習のみ)

■第2段階
第2段階の路上教習では、
実際に路上に出て、他の一般車と一緒に公道を走行。

高速道路での教習など、
様々な交通状況に応じた運転技術を養っていきます。

他にもシミュレーションを使った危険予測といった
教習が行われます。

■技能卒業検定(卒検)
第1段階ではコース内、第2段階では路上教習、
そして、ここまで学んだことを確認するのが、
最後の検定試験である技能卒業検定(卒検)。

卒検に合格すると、卒業証明書が交付され、
合宿生活が終了となり、自動車教習所を卒業することに。

合格後は、
住民票のある地元の運転免許試験場で学科試験を受け、
そこで合格すると念願の【運転免許証】が交付されます。


※運転免許の種類
「運転免許」は、普通車だけではありません。
普通自動車・中型自動車・大型自動車などの
車種区分があり、
MT(マニュアル)とAT(オートマチック)限定という
区分もあります。

希望する車種によって、
教習に必要な規定時限数も違ってきますので、
自分に必要な運転免許を確認した上で教習所選びをしましょう。

仕事で車を使用なら、
MT(マニュアル)がおすすめ。
(2000年時点では乗用車の90%以上が
AT(オートマチック車)なので、
特別な理由がない場合は
AT免許だけでも良いかもしれません。

⇒全国から探せる「合宿免許のビックライセンス」詳細へ


「合宿免許のビックライセンス」
お問合せ先電話番号
0120-444-940

平日      9:00~19:00
土・日・祝日 10:00~19:00


※補足

取得する免許所持中の免許教習時限数合計
普通免許なし
大型二輪
普通二輪
34
32
32
AT限定普通免許なし
大型二輪
普通二輪
31
29
29





Sponsored Link


nice!(0) 
合宿免許 ビックライセンスとは ブログトップ
ここを訪れて下さってありがとうございます。
アナタからのクリックがブログ運営の励みになります!
お役に立てる情報を配信していけるように頑張りますので、
どうぞ宜しくお願いしますm(_ _)m
↓↓↓↓

トライアルセット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。