So-net無料ブログ作成

トレンドキャッチ、ニュース7

 

PM2.5は福岡で大量、東京では?住友3Mの高機能マスク買うべき? [PM2.5対策マスク、問い合わせ殺到]

Sponsored Link




中国から黄砂やPM2.5が飛来していることはもう誰もがご存知でしょう。

最近では青空が全く見られませんよね。
花粉も相まって日本の空には
人間の体に影響を及ぼす物質が大量に飛来しているようです。

福岡では10日にPM2.5が106マイクロ・グラムという
とんでもない数値が観測されましたが
福岡在住のみなさん、お体は無事ですか?

私の実家が福岡なので
中国からの飛来物質のニュースを聞く度に心配が絶えません(汗)
この間マスクを家に送って着用するように言っておきました。

今もなお90マイクロ・グラム程度で推移している状況ですので、
子供や高齢者の方などは十分に注意して下さい。

(国の環境基準値は35マイクログラムだから
この数字の異常さはわかりますよね。)


また、東京の方でも九州より安全とはいえ、予断は許さない状況です。


40マイクロ・グラム近い数値が観測されることもありますので、
健康が心配ならマスクを買っておいた方が良いでしょう。

PM2.5の対策はしっかりとやっておかないと
体に影響が出てからじゃ遅いですよ。

(微小粒子が人の気道や肺に達して
喘息やアレルギー性鼻炎を悪化させたり、
心疾患・肺疾患などにより死亡率を高めたりするから非常に危険)

下記ヤフーニュースの記事から一部抜粋しておきます。

黄砂や花粉、粒子状物質PM2.5などの飛散シーズンを迎え、
3Mジャパングループの「住友スリーエム」「スリーエムヘルスケア」
(以上、世田谷区玉川台2)へ
高機能マスクなどの問い合わせが急増している。


昨今、中国からの飛来で問題となっている
大気汚染の要因とされる有害物質。

多くは「粒子状物質」と呼ばれ、
黄砂・工場のばい煙・自動車の排ガスなどに含まれる「粉」のようなもの。

中でもPM2.5と呼ばれる、
大気中に浮遊する粒子状物質は
粒子径が2.5マイクロメートルより小さいもので、
呼吸と共に肺の奥まで到達し健康影響があると懸念されており、
対策の必要性が指摘されている。

そうした状況を受け、安全衛生製品を販売する同社は、
サイト上に「PM2.5対策コーナー」を特設し、
PM2.5やPM1.0などの粒子状物質からの呼吸保護方法や
適正なマスクの種類、正しい装着方法など
関連情報をまとめ、解説・紹介している。


同社広報担当によると、
同社への高機能マスク製品に関する問い合わせ件数は
通常同時期(1月終わり~2月上旬)の約3倍で、
同製品の受注件数も1.4倍に上る。


また、今年1月に発売を開始した
家庭の給気口やエアコン通風口に取り付ける
空気清浄フィルター「フィルタレット空気洗浄フィルター」
(全6種類)は、
「部屋に給気口から侵入する微粒子を捕集し、
空気を清浄化する」効果があるため、
発売直後から大きな反響があり、
同社は現在、計画を前倒しして増産体制中。



このPM2.5関連のニュースからもわかるように、
自分や家族の身を守るために皆が対策を始めています。

今できることをなるべく早い内からしておくことが重要ですよ。

↓住友スリーエムの高機能マスク



↓フィルタレット空気洗浄フィルター

nice!(0) 

nice! 0

ここを訪れて下さってありがとうございます。
アナタからのクリックがブログ運営の励みになります!
お役に立てる情報を配信していけるように頑張りますので、
どうぞ宜しくお願いしますm(_ _)m
↓↓↓↓

トライアルセット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。